上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年恒例の江の島に初詣に行きました。
江の島神社には河津桜が数輪咲いていました。

sakura1.png

寒い毎日ですが、確実に1歩ずつ春に向かっているなと実感。

そしていつもの店で江の島の味を楽しむ。
namerou 1
アジのなめろう丼としらすのかき揚げ、そして江の島ビール。

今年一年もいい年がスタートしそうな予感。
美しい景色とおいしい料理で幸せなひと時を過ごせました。

岩本ゆき子
スポンサーサイト
パナソニックのスチームオーブン ビストロ。
今月はビストロ教室を開催しました。

海老とニラのカリカリ春巻きは、油で揚げず、油をハケで塗ってグリル皿にに並べる。


pana2.jpg

そしてオーブンで加熱。春巻きの番号を入れて自動調理。
カリッと油っぽくないあっさりとした仕上がりに。


味噌風味のチャーシューは 
下味の調味料を塗りながら焼いていきます。

pana4.jpg

皆さんにオーブンを実際に使っていただきました。

pana 3

ナスの和え物も電子レンジで作り、盛り付け出来上がり!!

pana1.jpg

ビストロの家呑みレシピが完成!

ビストロの良さは、パワフルな焼く力。そしてスチームをかけながら焼くことが出来るので、
肉や魚が、しっとりと焼きあがります。
特にスポンジケーキなどはしっとりと乾燥せずに焼き上がるのがとてもいい。

オーブンを新たに買いたいという方、パナソニックのビストロ、お勧めです。


ちなみに先日出演したテレビ番組でもビストロを使った簡単メニューを紹介しました。
サトイモと焼き豚のゴマ味噌和え

panasonikku 1

作り方はかながわ旬彩ナビのサイトをご覧ください。






岩本ゆき子

夏ももう終わり。
初夏からベランダで育ててきたメロンがそろそろ熟れてきました。
このメロン家庭のベランダで出来る、ネットメロン、「ころたん」
グリーンカーテンとしても光を遮る効果もあり、そして収穫時の喜びも
大きい。

meronn2.jpg


今日は収穫し、冷やして試食。
meron 1

とても甘くておいしい。
今年で育てて3年目。だんだんコツも分かってきました。
大体毎年5月くらいに苗を買って育てると、夏の楽しみがひとつ増えますよ。


ぜひ来年チャレンジしてみて下さい。苗は5~6株位買ったほうがいいみたいです。


岩本ゆき子
気が付くともう12月も10日。
私はお陰様で毎日毎日レッスンの日々を送らせていただいております。
ご参加のお客様、誠に有難うございます。

さてさて11月の中華のレッスン、大好評の内に終わりました。
ちょっとしたコツで更においしくなる中華のテクニックをお知らせしました。
今日はちょっとそのレポートを。


まずはおいしい中華のスープ
エビの殻やネギ、生姜を加えてうま味のたっぷり詰まった
スープを取る。
su-pu1.jpg

今回の海老は築地の佃林さんのおいしい海老を仕入れて作りました。
海老は片栗粉洗いをして臭みを取り、下味をつけて一度、さっと火を入れる。

その後、アンズジャム入りのケチャップあんで仕上げると
おいしいエビチリソースの出来上がり。

ebitiri 1

海老のプリッとした食感と、甘くてちょっとピリッと辛いエビチリソース。
絶品の仕上がりでした!

そして麻婆豆腐。

mabo 2

しっかりと挽き肉を炒めて、豆鼓や豆板醤、甜麺醤と共に炒め合わせる。

<mabo 1

最後に片栗粉でとろみをつけたら、花椒粉を振り掛ける。

mabo 3

炊き立てのご飯と共においしく頂きました!


お食事の最後には、杏仁豆腐。
annninn 1

季節のラ・フランスの白ワイン煮と共に頂きました。
フルフルで濃厚な杏仁豆腐。
最後の〆に幸せなひと時でした!

いつもの定番料理をちょっとの工夫とテクニックで驚きのおいしさになりました!
習った皆様、おいしくご家庭で作れていますか?

ご不明な点、失敗した所、忘れてしまった事、ありましたら
メールをください。お答えします。

皆さんのお宅のテーブルがより豊かになりますように。
明日もしっかりレッスンしたいと思います。

それでは12月クラスもよろしくお願いします。


岩本ゆき子

冬に味噌、春にイチゴジャム、初夏に梅干し、アンズ漬け
夏にドライトマトと、ジェノバペースト
そして今、秋になると作る加工品は栗の渋皮煮。

季節ごとに巡る食材での加工品。
手間だけど、楽しくて止められません。

昨日は栗の渋皮煮を作りました。

kuri 2

伊豆の山の中の道の駅で買った栗で作りました。
栗の皮をむいて、渋皮を残して一晩水につける。
その後、何度も茹でこぼして渋みを抜き、シロップに漬ける。
手間のかかる作業です。

kuri 1

そしてこんな感じに仕上がりました。
つややかでおいしそうです。
これからのレッスンのスィーツに使ったり、モンブランや
栗むしようかんにもしようと思っています。

今から楽しみ!!

そしてこれが終わったら、味噌のカビとり&天地替え。

miso 1

よく混ぜて空気を入れてまた熟成。
以前にレッスンで作ってお持ち帰りになった方、そろそろ混ぜてみて下さい!!
味噌の事、忘れないでくださいね。

さて明日からまたレッスン。
明日の栗のパンナコッタのレッスンには、この渋皮煮を
トッピングします。
受講されるお客様、どうぞお楽しみに。

それでは。


岩本ゆき子
プロフィール

岩本ゆき子


Author:岩本ゆき子
料理研究家・イタリア料理研究家
ヘルスケアアドバイザー
イタリア司厨士協会 会員
野菜ソムリエ(Jr)

横浜・大倉山の料理教室クアトロ・スタジオーニと読売日本テレビ文化センター恵比寿の教室を中心に活動をしている料理研究家です。食べて心と体が元気になる料理を皆さんにお届けしたいと思っております。

最近では料理教室の他に、食育やイタリア伝統料理の普及活動をしております。
そして今年から健康、ダイエットを重視したレシピ作りも力を入れております。

twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。